カテゴリー
life my world

書の道2。

久々に毛筆をやった。はじめるにあたり書道のエキスパートの方にこんな字を書きたいんだけど的なことを質問したんだけど、僕が書きたい字は「隷書」とか「篆書」で書いたらいいかも、と言われたので、さっそくそれにチャレンジしてみた・・・。「篆書」はいわゆる印鑑とかでよく見るやつみたいなんだけど、字によっては読めないし難易度高すぎなのでパスしたw。「隷書」にチャレンジしてみる。

非常にむずかしい・・・。でも面白い。しらべると「隷書」は「篆書」の簡略化されたものらしい。均一な太さで書かれた書なんだけど、筆の入れ方や離し方が独特だ・・・。普通に書くこともままならないのにハードル高いと思ったけど、まあ楽しきゃいいかなとおもって始めたw。

まずはこれかな。

次からはみんなに何書いたらいいか聞いたやつw。

かなりへったくそだけどすごく面白い。もっと練習が必要だということはよくわかった。よく見ると初めて毛筆始めた人みたいでわらえる。いい趣味になりそうだw。

カテゴリー
life

211225。

2021のクリスマスの写真なんだけど、なんかずいぶん前に感じちゃうね。それにしても時間というか日がたつのがはやいね。

crack6でドラム叩くときは大体白いセットを使うんだけど、今回は珍しく赤いドラムセットを使いました。クリスマスだから赤で行こうなんて話ももちろんあったんだけど、いつものPAさんとは違う人だったんだよね、違うといってもPENICILLINでお世話になってる人だったんだ、なのでいつも音を作ってもらっているセットのほうが音が作りやすいかな~と思って、どっちでもいいよとは言ってくれてたんだけど、セットが違うとモニターの感じとか変わってくるから慣れてる方で行こうかなって感じで赤出動でした。一応クリスマス仕様にしてもらってねw。

この日の赤セットはcrack6用にいろいろと減らしてるけど、赤も白も大差はないと思ってた、でも赤で叩くcrack6はそれはそれでなんか慣れないというか、違いがあって自分でもびっくりだった。そんなに神経質じゃないんだけどなw。

赤も白も2022年はもっと出番があるといいな~。

211225_1bs 2tm 1fr

カメラマンのORITA君はいつもドラムの写真をとって送ってくれるんです。自分以外ドラムの写真を撮る人はあまりいないのでうれしいんだよね、いつもありがとうございます!こんなこと書いたらとらざるをえないかw。