カテゴリー
life

220422

ドラム叩いていろんな人に出会って、音を作ったり、曲作ったり、一緒に音を出したり、ライブを見たり、見てもらったり、相談したり、されたり、たくさんの出会いがある。

そこから感じ取ったものが栄養になって、自分のドラムになっている。感情も体調もまっすぐにでやすいからテンションを上げて臨むというよりは、音を共有することが楽しくてテンションが上がっていくっていうほうが当てはまるのかな。両方あるとは思うけど。

いろんな要素の個が集まってできるものに同じ形はないから面白いし、刺激を感じる。想いが強かろうが弱かろうがその人の持つカラーだから、他人のアイデアだって自分がちゃんと楽しめるなら乗っかればいいし、無理して前進することはない。進んできた道はいろんな人に協力してもらって、助けられて、一緒に歩いた道なのでこの先の道も楽しんで進んでいきたい。

明日は関東サーキット「タイムマシン」のラストの日。2000年に作ったアルバムのツアーにタイムトリップ。22年前に今の状況を予測することはできないし、過去をやり直すこともできないので、いつもいつでも自分がめいっぱい楽しんでるってことを見せたいし、伝えたい。

なんかいろいろと思いだしたら考えちゃったな。

いい活動することが何よりのメッセージだよね。

カテゴリー
life

TM03N-BNN

タイムトリップとタイムスリップの意味を調べてみた、明確な違いを発見できなかったんだけど、タイムトリップのほうが適切なのかなw。

と言っている間にも3回目のタイムトリップ「Return of NUCLEAR BANANA Tour」が終わった。このアルバムは15曲入りとPENICILLINではちょっとめずらしい。たくさんいい曲が出来たということだね。このころからPENICILLINの音楽制作にPCを使い始めたんだよね。当時はまだPCで音楽やるなんてどうなの?なんて言われてたのでそれまでは個人でしか使ってなかったんだけど今では当たり前で、なくてはならないものになってるね。

2001年のアルバムだから、約20年位前だから考え方も、とらえ方も変わったって自分でもわかるくらい時間は過ぎてる。20年前の考え方も今とは違うけど嫌いじゃないし、否定はしない。ある意味その時のほうが良いところもあるかもしれない。良くなるように前進する。活動する。ことが根底にあってそこからからの、その時その時の選択だからね。良い選択を踏み越えてきてると思ってるw。

話が固いなw。ここのところすこし素直になろうかと考えています。人前に出るとなんか強がって合理的で執着心のない人間を装っちゃうので、なんにせよあまり強がらないようにしようと思ってます。

話がそれたw。

タイムトリップはあと一回か・・・。UNION JAPだね。2000年のアルバム。これもまた楽しみ。みんなも楽しみにしててね!

顔あんまり白くなかったかな?楽屋では結構白かったんだけど・・・。


カテゴリー
life

TM02No53

2回目のタイムスリップも色んなことを思い出した。最近でも演奏してる曲が多かったけど、そのアルバムの曲で一気に駆け抜けることはないから、当時の元気なアレンジを今の自分がどう受け止めて、どう吐き出すか、昔の自分を重ね合わせちゃったな。

今日は2001年あたりにジャンプ!BANANAですね、楽しみだ。楽しもう!

カテゴリー
life

time machine

今週末は、「No.53」と「NUCLEAR BANANA」の時代にタイムスリップするんだね。一つ目のジャンプの「Flower Circus」の時もいろんなことを思い出しながらライブできた。久々に音源をきいてみて不思議に思ったドラムのアプローチがいくつかあったんだけど、実際に叩いてみるとなんでそうしているのかわかったりもするんだよね、ほかの楽器との兼ね合いとか、そこの2拍くらいのパターンを同じにしてフィルの印象を強くしたかったんだな~とか。昔の日記を読んでるというか、自分から手紙をもらったような感じが少ししたんだよね。

20周年の時の全曲やるっていうのも楽しかったけど、30周年の今やってる、当時のセットリストでライブをやってみるっていうのもかなり面白い。なんなんだこの曲順・・・。っていうのがかなりあるw。この流れでどうやってこの曲に入るのかとか悩む場面が結構あったw。成長したのかな・・・。ライブに求めるものが変わったのか、展開の仕方はかなり違うんだよね~。

それもこれも含めてめちゃくちゃ楽しみだ。

カテゴリー
life

TM01FC

今回のショートツアーはタイムマシンと題して過去のセットリストを再現するライブをやってます。20周年の時は全曲ライブでやってて1か月アルバム2枚のペースだったんだけど、今回は1か月で4メニューなので、決めてから気づいたけどなかなかのボリュームだね、一番大変なのはサポートのCHIYUちゃんだとは思うんだけど・・・。

最近でもおなじみの曲も数曲は入っているし、今の感じとは違うけどライブの運び方も考えたセットリストだからそんなに違和感はなかったんだけど、久しぶりの曲は新鮮に感じるし、あらためていいメロディーいいアレンジを感じたな。まだ一本が終わったところだけど、ライブであまりやらない曲とか、変わった繋ぎとか、そこから生まれる新しいライブアレンジとか楽しみだな。